家電製品アドバイザーは、家電の基礎知識や販売レベルの向上を目的としている資格です。
AV情報家電と生活家電の2つの種類の資格があり、特に優秀な成績を残した人は家電製品アドバイザー エグゼクティブに認定されます。
受験者の方の中には、試験の種類ごとに難易度は異なるのか、エグゼクティブに認定される人はどのくらいなのかなどが気になる人も多いと思います。

そこで、本記事では家電製品アドバイザーの合格率について紹介していきます。

試験の合格基準

合格には各科目140点以上が必要です。得点率にすると70%以上です。
また、エグゼクティブ等級に認定されるには、180点以上、90%以上の得点率が必要になります。

各科目の合格率

2021年9月の試験の合格率は以下の通りです。

AV情報家電 一般受験 14.3%
科目受験 43.5%
生活家電 一般受験 18.8%
科目受験 51.5%

AV・生活家電ともに一般受験の合格率は15%ほどで、科目受験の合格率は40〜50%ほどです。
一般受験の合格率を見ると難易度が高い試験だと思ってしまいますが、科目受験の合格率を考えるとそうではありません。この試験は対策を十分にしていないと落ちてしまいますが、きちんと対策をとっていれば合格点が取れます。
1科目ずつ丁寧に知識を身につけていくことが大切です。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

また、エグゼクティブ等級の合格率は以下の通りです。

AV情報家電 一般受験 1.2%
科目受験 14.0%
生活家電 一般受験 1.3%
科目受験 9.4%

合格率からもエグゼクティブ等級の合格は難しいことがわかります。特に一般受験での合格率は非常に低いので、一般受験の方ははじめからエグゼクティブ等級を目指すのではなく、普通の家電製品アドバイザーを取得することをおすすめします。

受験者の得点分布

受験者の得点分布を見ると、約3分の1の受験者が110点未満でした。

問題集を何度か解いていれば、110点は取れるようになります。そのため、約3分の1の受験者はあまり対策をせずに受験した可能性が高いです。
また、110点から140点の間にも4分の1くらいの受験者が集まっています。ギリギリで落ちてしまうのは悔しいので、140点以上取るつもりというより満点を取るつもりで試験を受けましょう。

家電製品アドバイザーの合格率についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、家電製品アドバイザーの合格率について紹介しました。

対策をすれば合格できる試験なので、これを機会にぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP