家電製品アドバイザーは、家電製品のプロフェッショナルであることを証明するための資格ですが、資格を取得している人はどのような仕事をしているのでしょうか。また、家電製品アドバイザーと相性の良い資格は何なのでしょうか。

本記事では、家電製品アドバイザーの活かし方について紹介していきます。

家電製品アドバイザーを活かすには

家電製品アドバイザーは家電販売関係の仕事で活かすことができます。
家電販売店ではただ家電を売るだけではなく、お客様からのさまざまな要望にそった家電を提案したり、家電関連の技術や動向についての説明を行ったりすることが必要になります。

家電製品アドバイザーの試験で出題されている最新の家電製品に関する幅広い知識は、製品の機能についての説明や購入のアドバイスなどに活かすことができ、より良い接客につながります。
また、名刺に家電製品アドバイザーという肩書きをつけるだけでも、お客様からの信頼を得やすくなります。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

家電製品アドバイザーと相性の良い資格

・普通自動車運転免許

小規模の家電販売店では、販売から納品までを一人ですることも少なくありません。

商品をお客様の自宅に運ぶのに車が運転できないとなると、業務に支障が出てしまいます。
そのため、小規模の家電販売店で働くのには、自動車免許は必須の資格になっていることも多いです。

・第二種電気工事士

第二種電気工事士を取得すると、一般の住宅で使用する小規模な電気設備の工事などを行うことができるようになります。個人で電気工事店を開業するのにも必要な資格です。

家電製品アドバイザー試験で身につけた設置にまつわる業務や電気安全に関する知識などを、家電の設置工事の時にも活かすことができます。

家電製品アドバイザーの活かし方についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では家電製品アドバイザーの活かし方について紹介しました。

主に家電販売、設置工事の仕事をしている人が活かすことのできる知識です。しかし、自分の家電購入にも使える知識も多くあるので、自己研鑽にもおすすめの資格です。

ランキングも確認する
出典:出版社HP