家電製品エンジニアを取得するには、基礎技術と応用技術の2科目に合格しなければなりません。それぞれどのくらいの勉強時間が必要なのかを知って、対策の時間配分などを決めておくほうが良いでしょう。

そこで、ここでは、家電製品エンジニアの合格するために必要な勉強時間についてご紹介していきます。

家電製品エンジニアとは、家電製品の動作原理を理解し、修理やメンテナンスができる人のことを言います。試験はAV家電と生活家電の2種類があり、2つとも合格すると家電製品総合エンジニアの資格が取得できます。

必要な勉強時間

一般等級は50時間、エグゼクティブ等級は100時間が必要であると言われています。

一般等級は得点率60%以上で合格です。しかし、60%が取れれば良いと思って勉強をしていると、本番で合格する知識を身につけられないこともあります。80%以上の正答率を目標に対策を立てていくと良いでしょう。

エグゼクティブ等級に合格するには85%以上の合格率が必要なので、一般等級よりもさらに確実に知識をつける必要があります。

前提知識の有無

先ほどの勉強時間は、あくまで目安でした。既に前提知識がある方でしたら、一般等級は30時間、エグゼクティブ等級は60時間が必要であると言われています。

自分の今の知識力をチェックして、しっかりと対策を練っていきましょう。

ランキングも確認する
出典;出版社HP

必要な学習期間

それでは、一体どれくらいの期間勉強を続けたらよいのでしょうか。

1日1時間の勉強をすることで一般等級は2ヶ月、エグゼクティブ等級は3ヶ月程度で合格することができるという計算です。
より長く毎日の勉強時間を確保したり、休みの日に勉強時間を多く取ったりすれば、短い期間での取得が可能になります。

学習スケジュール

先ほど、一般等級合格に50時間が必要だと分かったため、実際のスケジュールについて考えていきましょう。

1 参考書を読む

参考書は2週読みます。時間は15〜20時間くらいがちょうど良いです。
じっくり読むと時間がかかってしまうため、流し読み程度で構いません。

ここで時間を取るよりも、問題演習に時間をかけましょう。

2 問題集を解く

公式から出版されている問題集を3年分くらい解きます。

この時、ただ問題を解いて答え合わせをするのではなく、解説や参考書を確認しながら問題の答えの意味を理解していきます。
全ての問題に自信を持って答えを書けるようになるまで何周でも繰り返します。

おすすめの参考書と問題集をいくつか紹介します。
・家電製品エンジニア資格 AV情報家電の基礎と製品技術

一般財団法人家電製品協会 (編集)
出版社 ‏ : ‎ NHK出版、出典;出版社HP

・家電製品エンジニア資格 生活家電の基礎と製品技術

一般財団法人家電製品協会 (編集)
出版社 ‏ : ‎ NHK出版、出典;出版社HP

・家電製品エンジニア資格 問題&解説集

一般財団法人家電製品協会 (編集)
出版社、出典;出版社HP

家電製品エンジニアの勉強時間についてのまとめ

いかがでしたか。ここでは、家電製品エンジニアの勉強時間についてご紹介していきました。

試験の内容は難しくないので、対策の期間をしっかりと取れば合格できます。この機会にぜひ受験してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典;出版社HP