「Literas 論理言語力検定を今度受験する予定だけど、難易度はどのくらいなのだろう?」

このような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

思考力、判断力、表現力など日常・社会生活で使うこれらの能力の習得に必要な「語彙・読解力」が問われるLiteras 論理言語力検定。この資格の難易度がどのくらいのものか知りたい人もいるのではないでしょうか。

本記事では、Literas 論理言語力検定の難易度について詳しく解説していきます。

Literas 論理言語力検定とは、ベネッセコーポレーションが主催している民間の検定試験です。上記でも述べましたが、簡潔に言うと語彙運用力・情報理解力・社会理解力などが問われるような内容の検定試験です。社会で活躍するために、言語能力の向上と社会的視野の拡大が効果的に行えることを目的としています。1級~3級の3つに資格区分されています。受験資格は特にないですが、申込するためには、団体責任者がいることが条件となります。

試験の級の違いについて

Literas 論理言語力検定試験の級の違いについての概要は、以下の表の通りです。

3級 2級 1級
問題数 54問
合格基準 正答率65~70%前後 正答率75~80%前後
試験時間 50分
受験資格 特になし(団体申込のみ)
受験料 2,500円(税込) 2,900円(税込) 3,650円(税込)
受験地 貴校
ランキングも確認する
出典;出版社HP

資格の合格率について

ここでは、資格の合格率について紹介します。級別の合格率を以下の表にまとめたのでご覧ください。

3級 2級 1級
合格率 62.0%

このように、Literas 論理言語力検定の合格率は、はっきりとは公開されていないのです。3級・2級に関しては参考の値としての数字が出ていますが、1級に関しては合格率が公開されていません。ですので、しっかりと事前に学習計画を立てて、試験対策を実行する必要があるのです。因みに3級・2級の62.0%は、合格率としては平均よりやや高めな印象です。

資格の級別の難易度

上記で、紹介した合格率などを参考にしながら、資格の難易度を級別に紹介していきます。

まず3級ですが、難易度は低いと予想できます。3級試験で測定するレベルは、中学卒業までに身につけておきたいレベルとなっており、自然と難易度も低くなると言えるでしょう。また、実際に出題される内容も中高生の実生活に関連した身近な話題に関連したものが多いため、そこまで高い難易度になることはないでしょう。
次に2級ですが、こちらも難易度は低いと予想できます。上記で紹介した合格率からもそうですが、2級試験で測定するレベルは、高校卒業までに身につけておきたいレベルとなっているからです。実際に出題される内容も、主に高校の教科書で初出の論理的な語彙や語句の問題などが多い為、難易度は比較的易しい方でしょう。

最後に1級ですが、3級・2級と比べると難易度はある程度上がると予想できます。1級試験で測定するレベルは、大学初年度までに身につけておきたいレベルとなっており、単なる知識だけでなく、思考力や論理的な語彙力が必要になります。また、社会課題に関する講義や議論から出題される問題や関連する社会事象を深く理解できているかを問う問題などが出されるため、難易度は必然と高くなるでしょう。

Literas論理言語力検定の難易度のまとめ

いかがでしたか。ここでは、Literas 論理言語力検定の難易度についてご紹介していきました。

級によって難易度が多少変動する試験だということがわかりましたでしょうか。この機会に興味を持った人は、是非取得に向けて、学習してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典;出版社HP