「Literas 論理言語力検定の合格を目指しているけど、どれだけ勉強すれば良いかわからなくて困っている…」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

思考力、判断力、表現力など日常・社会生活で使うこれらの能力の習得に必要な「語彙・読解力」が問われるLiteras 論理言語力検定。この資格を取得するために必要な勉強時間がどのくらいか知りたい人も多いのではないでしょうか。

本記事では、Literas 論理言語力検定の勉強時間について詳しく解説していきます。

Literas 論理言語力検定とは、ベネッセコーポレーション主催の2019年から開始された民間の検定試験です。年1回実施されています。社会で活躍するための言語能力と、社会課題を多角的にとらえる力を身につけるために、語彙運用力・情報理解力・社会理解力などが問われるような内容になっています。1級~3級の3つに資格区分されています。受験資格は特にないですが、申込するためには、団体責任者がいることが条件となります。

資格の級別の勉強時間

合格に必要な勉強時間は、3級で30時間程度、2級で30~50時間程度、1級で約70~100時間程度と予想できます。このことから、資格合格に必要な勉強時間の中では平均的,もしくは少ない時間数だと言えるのではないでしょうか。Literas 論理言語力検定の中で1番上位の級の1級の場合でも、70~100時間程度の勉強時間で済みます。また、3級・2級はある程度の期間勉強すればそこまで苦戦もせずに合格できるのではないでしょうか。

前提知識の有無

上記で紹介した勉強時間は、初学者の場合の目安です。既にある程度知識を身につけられている人でしたら、上記で紹介した時間よりも短い勉強時間で合格できる可能性があります。しかし、本資格の場合、もともと合格に必要な勉強時間が少ないという点と、そこまで前提知識が重要ではないという点から、前提知識の有無が合格までの勉強時間に与える影響は少ないと思われます。

ランキングも確認する
出典;出版社HP

必要な学習期間

では、合格までにどれくらいの期間を要するか見ていきましょう。

上記で紹介した初学者の場合の時間を参考にして、1日1時間程度の勉強を毎日行うと仮定すると、大体1か月~3か月ほどで合格することができる計算になります。それでは、級別に具体的に見ていきます。

まず3級ですが、毎日1時間程度の勉強をした場合、ちょうど1か月程で合格までたどり着ける計算になります。ただし、毎日の勉強が厳しいという人などは、これ以上の期間を要してしまうでしょう。

次に2級ですが、毎日1時間程度の勉強をした場合、1か月~2か月程で合格までたどり着ける計算になります。個人によって多少の変動は出てくると思いますが、1か月半を目安に考えると良いでしょう。こちらも毎日の勉強が出来ない人は、より長い期間が必要になります。

最後に1級ですが、毎日1時間程度の勉強をした場合、合格までには2~3か月以上かかる計算になります。もし毎日2時間程度の勉強をした場合だと、約1~2か月と合格までに必要な期間が非常に短くなります。1級の合格を目指す場合は、毎日の勉強を怠らないことや、1日の勉強時間を多く取ることが重要になってきます。

学習スケジュール

ここでは、上記で紹介した期間を基にして、実際のスケジュールについて考えていきましょう。Literas 論理言語力検定では、すべての級で共通して「語彙運用力」「情報理解力(聴解)」「情報理解力(読解)」「社会理解力」の計4分野から出題されます。

まず3級の場合、4つの分野をそれぞれ1週間ずつで進めていきましょう。そうすると、1か月程で試験対策が完了します。

次に2級の場合、4つの分野をそれぞれ1週間かけて進めていき、残りの期間は苦手分野の対策や総復習に使うと良いでしょう。具体的には、1か月程で全分野の学習を終え、残りの2週間~1か月程の間に苦手分野の対策や総復習を行います。

最後に1級ですが、4つの分野をそれぞれ2週間かけてじっくり進めていき、余った期間で苦手分野の復習や総まとめを行うと良いでしょう。そうすると、苦手分野の復習や総まとめ、最後の確認などに1か月程使うことが出来るでしょう。

Literas 論理言語力検定の勉強時間のまとめ

いかがでしたか。ここでは、Literas 論理言語力検定の勉強時間についてご紹介していきました。

級によって、合格までに必要な期間が異なる試験だということがわかりましたでしょうか。興味を持った人は、是非この機会に取得に向けて勉強してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典;出版社HP