「Literas 論理言語力検定の資格を取得するとどのようなメリットがあるのだろうか?また逆に、デメリットなどはあるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

社会で活躍するために必要な言語能力が問われるLiteras 論理言語力検定。この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのか。また、取得する際のデメリットはあるのか、知りたい人もいると思います。

本記事では、Literas 論理言語力検定の取得メリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

Literas 論理言語力検定とは、ベネッセコーポレーションが主催している民間の検定試験です。2019年から開始されており、年1回実施されています。社会で活躍するための言語能力と、社会課題を多角的にとらえる力を習得するために、語彙運用力・情報理解力・社会理解力の3つが問われるような内容になっています。資格区分としては、1級~3級の3つに分かれています。受験資格は特にないですが、申込するためには、団体責任者がいることが条件となります。

ランキングも確認する
出典;出版社HP

資格取得のメリットは?

では、資格を取得するメリットをいくつか紹介していきます。

まず、言語能力を鍛えることで、ビジネスで必須となるコミュニケーション力の習得・向上ができることです。上記でも紹介しましたが、Literas 論理言語力検定では、ビジネス上で触れる機会が多い会話や文書などを扱う際に不可欠な「語彙」と「読解力」を身につけることができます。これらの言語能力と呼ばれるものは、社会で活躍していくためには非常に重要となるものであり、これらの能力を向上させることにより、相手との対話、情報共有、社会課題の取り組み方、などの場面で活躍することができます。資格取得によって身に着けた知識や能力を、ビジネスで活かせるという点は大きなメリットでしょう。

次に、比較的短期間で資格取得することができる点です。Literas 論理言語力検定は、1級~3級までありますが、全体的に難易度はそこまで高くなく、合格までに必要な期間も他の資格試験と比べると少ないです。民間の資格だと、ある程度の勉強時間・期間が必要になってきますが、本資格の場合、1番上位級の1級でも70時間~100時間が合格までに必要な目安となっています。ですので、比較的取り組みやすい資格だと言えます。社会人などで、普段仕事で忙しい人でも非常に挑戦しやすい資格なため、メリットとして挙げられるでしょう。

資格取得のデメリットは?

では、資格取得のデメリットを見てみましょう。

取得することで得られるメリットは、いくつかあることがわかりました。しかし、2019年から開始された資格ということもあり、あまりデータがない、という点がデメリットとして挙げられます。まず、試験者数、合格率などのデータがあまりありません。ですので、どれほど人気のある資格なのか、どのくらいの割合の人が合格できるかなどが把握できないのです。ですので、合格に向けて学習する際は、しっかりと事前に計画を立てて万全の状態で試験に臨む必要があります。また、過去のデータがあまりないということで、就職や転職活動の際に、資格取得を活かすことができるかも不明です。多くの人は、資格取得を就職や転職などの場で活用したいと考えているかもしれませんが、本資格がそのような場で効力を発揮するかどうか、などは未だはっきりとしていないのです。

Literas論理言語力検定のメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか。今回は、Literas 論理言語力検定のメリット・デメリットについて紹介しました。

この資格のメリット・デメリットについて理解が深まったでしょうか。興味がある人は是非この機会に、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典;出版社HP