「Literas 論理言語力検定の資格は、社会人としてのビジネス業務に活かせるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

言語能力の程度やビジネススキルの基礎力が問われるLiteras 論理言語力検定。この資格を取得することで、ビジネス業務に活かすことができるのか、また、社会人で取得を目指す場合、何級を目指すべきなのか知りたい人もいると思います。

本記事では、Literas 論理言語力検定の社会人との関係性について詳しく解説していきます。

Literas 論理言語力検定とは、2019年から年1回、ベネッセコーポレーションが開催している民間の検定試験です。ビジネスで活用するための言語能力と、社会課題を多角的にとらえる力を習得するため、語彙運用力・情報理解力・社会理解力の3つが問われる内容になっています。試験区分としては、3級~1級の3つに分かれています。受験資格は特にないですが、申込するためには、団体責任者がいることが条件となります。

ランキングも確認する
出典;出版社HP

社会人業務にどう生かせる?

ではまず、社会人業務にどう活かせるかについて、紹介します。

冒頭でも紹介した通り、Literas 論理言語力検定は、会話や文書などを使ってコミュニケーションをする上で不可欠な「語彙」・「読解力」などの言語能力の程度を測り、そのようなスキルを身につけるための試験です。ですので、資格取得して習得した能力をそのまま社会人としての業務、つまりビジネス業務に活かすことができます。なぜなら、他人とのコミュニケーションをする力は、ビジネスをする上で必須であり、ビジネス文書やメールなどを読解する力も仕事をする上で不可欠となるからです。これらの能力がしっかりと身に着いていないと、会社で上司や先輩との良好な関係性を築くことが難しく、仕事もスムーズに進めることができません。ですので、Literas 論理言語力検定の資格を取得することで、これらの力を養成することが重要です。

社会人は資格取得すべきか?

ここでは、社会人は資格を取得するべきかどうかを説明していきます。

結論から言うと、社会人の方はLiteras 論理言語力検定の資格を是非、取得するべきだと言えます。冒頭でも述べましたが、仕事を進める上で重要な語彙運用力・情報理解力・社会理解力の3分野それぞれの側面から能力を測ることになるので、自分に不足しているスキルや力を把握できるだけでなく、それらの能力を身につけて、社会人業務に活かすことができるからです。

また、資格取得を目指す場合は、最低でも2級、できれば1級の取得をすることをおすすめします。社会人として、ビジネススキルを身につけたい人や、習得した能力を日々の業務に活かしたい人は、最低でも2級の取得を目指しましょう。3級の場合、試験を通して身に着く力が基礎的な教養の習得になってしまうため、ビジネスで活用することは難しく、あまりおすすめできません。2級や1級であれば、深い思考力や確かな判断力、そして豊かな表現力などを身につけることができるため、ビジネスでも活かすことができるレベルの力を習得できます。

Literas 論理言語力検定の社会人のまとめ

いかがでしたか。今回は、Literas 論理言語力検定の社会人との関係性について紹介しました。

この資格が社会人業務とどのようにつながっているかについて理解が深まったでしょうか。興味を持った人は、是非この機会に取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典;出版社HP