アメリカ法のおすすめ書籍の選び方

ビジネスで調べる必要がある、アメリカの制度を知りたいと思いアメリカの法律を学ぼうとしても初学者には難しいのがアメリカの法律・憲法です。

アメリカのビジネスや日常生活に密接に関係する法的な問題をわかりやすく説明することで、日本の法律との違いを理解することができる書籍もありますので用途に合わせて選んでみましょう/

米国会社法の実務Q&A

日本の企業が実務において直面する、米国会社法に関する疑問をQ&A形式で解説している実務本です。米国会社法の基本的な説明に加えて、実務経験に基づいた考察や重要な例文まで詳解されています。日米での違いをコラムを用いて解説しているため、非常に理解しやすいです。実務として携わっている方はもちろん、米国企業法務に興味のある方におすすめの1冊です。

竹田 公子 (著, 編集), 佐川 雄規 (著), 藤田 将貴 (著), 田中 健太郎 (著)
出版社 ‏ : ‎ 中央経済社、出典:出版社HP

 

アメリカ契約法の基礎

本書では、アメリカ契約法の基本的な考え方やルールが分かりやすく解説されています。日本の法体系との違いや、そもそもの「契約」の概念の違いについても理解することができます。アメリカ契約法の概要や全体像を掴むことができるため、契約法に少しでも関心のある方におすすめできる1冊です。

山本志織 (著)
出版社 ‏ : ‎ NextPublishing Authors Press、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

アメリカ契約法 [アメリカ法ベーシックス]

本書は、アメリカ契約法の基本を理解するための入門書です。具体的なケースを取り上げることによって、アメリカ法ならではの特色や全体像を理解することができます。基本理解に重きが置かれているため、かなり読みやすい内容となっています。アメリカ基本法の原文を学びながら、補助教材として本書を用いるのがおすすめです。

樋口 範雄 (著)
出版社 ‏ : ‎ 弘文堂、出典:出版社HP

 

アメリカ憲法 (アメリカ法ベーシックス 10)

本書は、アメリカを深く理解するためのアメリカ憲法の全体像がよく分かる基本書です。アメリカ憲法を形作っている多くの憲法訴訟を取り上げて具体的に解説することによって、アメリカ憲法について概説されています。判例法の産物ともいえる憲法に関して、内実を理解するのにぴったりの1冊となっています。

樋口 範雄 (著)
出版社 ‏ : ‎ 弘文堂 、出典:出版社HP

 

アメリカ憲法入門 (外国法入門双書)

本書では、最新のアメリカ憲法の判例が収録されているため、アメリカ憲法の基本はもちろん現在の実情まで分かる入門書です。憲法講義を中心に、アメリカ憲法の歴史から基本原則・統治機構の外観まで詳しく解説されています。トランプ政権下におけるアメリカ憲法を学ぶことのできる良書です。

松井 茂記 (著)
出版社 ‏ : ‎ 有斐閣、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

アメリカ証券取引法入門―基礎から学べるアメリカのビジネス法―

現場において必要となる、アメリカ証券取引法に関する法律知識が解説された実務に役立つ入門書です。アメリカ証券取引法の理解に必要不可欠である米国法の基礎から、重要判例の解説、最新のコラムなど幅広い内容を扱っています。実務に携わっている方だけでなくアメリカ証券取引法を学ぶ学生にもおすすめです。

山本 雅道 (著)
出版社 ‏ : ‎ 第一法規、出典:出版社HP

 

アメリカ法入門 (BUL双書)

本書は、アメリカ法について分かりやすく解説されている入門書となっています。アメリカの法制度だけでなく法文化にも着目した総合的な解説がなされています。内容に関しては法改正の反映もされているなど、最新のアメリカ法に対応することのできる知識を身につけることができます。

伊藤 正己 (著), 木下 毅 (著)
出版社 ‏ : ‎ 日本評論社、出典:出版社HP

 

アメリカ法判例百選 (別冊ジュリスト 213)

事案と判旨が詳しく紹介されているため、アメリカ法の特徴や面白さがよく分かる1冊となっています。詳しい解説から、読者が考えるためのきっかけやその素材を与えてくれます。疑義のある判例がピックアップされていたり、今後の法改正や裁判における問題点についても考えさせられるため、非常におすすめです。

樋口 範雄 (編集), 柿嶋 美子 (編集), 浅香 吉幹 (編集), 岩田 太 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 有斐閣、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

アメリカ民事法入門

アメリカ契約法と不法行為法の基礎を学ぶことのできる入門書です。アメリカにおける法律問題が分かりやすく解説されています。さらに日本法との違いもしっかりと理解することができます。ポイントがまとまっているため両分野の概要が分かりやすく、非常に読みやすい1冊となっています。

楪博行 (著)
出版社 ‏ : ‎ 勁草書房、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

これだけは知っておきたい!アメリカビジネス法の基礎―Doing Business in the United States―

本書は、アメリカのビジネス法の基礎を日本語と英語の対話形式で分かりやすく解説しています。基本的な内容だけでなく、実務において直面する法律問題もまとめられているため、実務書としても役立つ1冊です。米国企業と取引をする機会のある方や法律に携わっている方にはおすすめです。

ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマン法律事務所・外国法共同事業 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 第一法規株式会社、出典:出版社HP

 

はじめてのアメリカ法

特徴的なトピックと具体的なケースを題材にして、アメリカ法を分かりやすく解説している入門書です。アメリカ法と日本法の比較によって、日本法を裏側から考えることができ、理解も深まります。法律を身近に感じながら学習をすることができるため、アメリカ法の導入本としておすすめできる1冊です。

樋口 範雄 (著)
出版社 ‏ : ‎ 有斐閣、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

ハンドブック アメリカ・ビジネス法

ビジネスにおいて最低限必要となる米国法律の要点が解説されている米国法のテキストです。本書は米国法を効率よく学習するための最適な5つの構成で展開されています。また、最新のビジネス情報や法・制度改正の内容も反映されているため、実務に直結する知識が身につきます。

吉川 達夫 (著, 編集), 飯田 浩司 (著, 編集)
出版社 ‏ : ‎ 第一法規、出典:出版社HP

 

わかりやすいアメリカ連邦倒産法

本書では、米国の連邦倒産法に関してどのような対処法があるのかに念頭を置きながら解説されています。連邦法だけに限らず州法についても言及されているため、幅広い知識を身につけることができます。また、アメリカ連邦倒産法の基本概念だけでなく、最新の論点や判例までを丁寧に解説しています。

粕谷 宇史 (著), 阿部 信一郎 (編集)
出版社 ‏ : ‎ 商事法務、出典:出版社HP

 

基礎から学べるアメリカ法 (基礎から学べるシリーズ)

本書は、アメリカ法の基本を身につけることのできる易しめの入門書です。内容としては、重要判例とともに司法制度と主要な法分野の基本が扱われています。図表が豊富であるため、視覚的に楽しく学ぶことができるテキストです。法学部ではない学生の方や社会人の方でも無理なく読み進めることができるため、幅広い層におすすめの1冊です。

岩田 太 (著), 会沢 恒 (著), 髙橋 脩一 (著), 板持 研吾 (著)
出版社 ‏ : ‎ 弘文堂、出典:出版社HP

 

現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方

本書は、生きたアメリカ法とその考え方を学ぶことのできる入門書です。アメリカの法制度や法の価値、そしてその根本の考え方を知ることによって、日本の法の見方が変わり、問題解決の発見をもたらす知識が得られます。非常に読みやすく分かりやすいため、初学者の方にもおすすめできる1冊です。

丸田 隆 (著)
出版社 ‏ : ‎ 日本評論社、出典:出版社HP

【詳細/中身目次も確認する】

 

入門アメリカ法

本書は、アメリカ法の基礎や全体像を学ぶことのできる入門書です。法令や判例の変更が反映されているため、変貌し続けるアメリカ法についてより理解を深めることができる工夫が施されています。基本的な内容だけでなく実務にも役立つ知識も得られるため、かなり内容の充実した1冊となっています。

丸山 英二 (著)
出版社 ‏ : ‎ 弘文堂、出典:出版社HP