土地家屋調査士の将来性

土地家屋調査士の将来性ですが、結論から言うと全体的な市場は縮小するかもしれないものの、需要は一定水準で存在すると考えられています。

土地家屋調査士の需要が無くならないとされる理由を次に紹介したいと思います。

土地家屋調査士の業務が無くならない理由

AI(人工知能)やドローンなどの技術の発達により、手続きの効率化や測量技術の向上が期待されているため、土地家屋調査士の業務が減る可能性を指摘する意見もあります。実際、業務の効率化によって、土地家屋調査士が必要な人数は現在より減る可能性が高いと思います。

しかし、測量技術の向上があったとしても、正確な調査の確認や筆界特定などの手続きにおける第三者の立場としての業務は残りやすいと思われます。その理由は、そういった作業は機械が苦手な行為が含まれていたり、判断が微妙な業務が含まれるためです。

よって、土地家屋調査士の将来性をそこまで悲観する必要はないでしょう。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

土地家屋調査士の将来性に否定的な意見について

土地家屋調査士の将来性に否定的な意見は、少なくありません。

その背景には、

・土地家屋調査士の需要が政策や景気に左右されやすいこと
・土地家屋調査士の仕事が減っていること
・単価が低い業務が多く、収入が低い事例がみられること

などがあります。

独立を前提とした資格であることもあり、所得格差が大きいため、意見が割れやすいことを前提に考える必要があります。ただ、ビジネスモデルの弱点が懸念されていることや市場全体の需要の減少が不安視されていることは考慮すべき点です。ただし、こうした注意点の対策をすることで、土地家屋調査士として働き続けることができると思います。

適切な業務選びと過当競争を避けるための施策が重要になってくると言えるでしょう。

これからの土地家屋調査士に求められること

技術の発展による市場の変化の可能性について触れてきましたが、それに伴って、今後の土地家屋調査士の業務にも変化が求められるかもしれません。

新しいツールを使いこなすスキルも考えられますが、機械に代替しにくい営業的なスキルや利害調整がより重視される可能性もあるでしょう。
登記などの手続きの業務は無くなるかもしれませんが、新たに発生する課題への対応や顧客との関係づくりといったソフトの業務が今後求められやすいと考えられます。

土地家屋調査士は本当に将来性のまとめ

今回は、土地家屋調査士の将来性について取り上げました。土地家屋調査士はその業務内容から、一定の需要が継続的に見込まれる職種です。資格のあり方や業務内容が変わる可能性は大いにありますが、柔軟に対応していけば、活躍できる機会はあるでしょう。

土地家屋調査士に興味があり、専門性を身につけたいと考えている方は、試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ランキングも確認する
出典:出版社HP