クリーニング師生活・販売接客・サービス

全資格を確認する

クリーニング店では、お客さまからお預かりしたさまざまな生地の服をクリーニングしたり、しみ抜きをしたりします。そのための技術や知識を証明するのがクリーニング師です。

クリーニング師の試験は、都道府県によって異なる試験を行なっているということもあり、合格率も大きく差があります。

そこで、本記事ではクリーニング師の合格率について紹介します。

クリーニング師の合格率

クリーニング師は、都道府県知事の免許を受けてクリーニング業務を行います。クリーニング所には1名以上のクリーニング師を置かなければならないので、クリーニング業界への就職はもちろん、独立開業の道も開けます。

各都道府県によって、受験料や試験方法、内容が異なります。自分が受験する地域のホームページでしっかりと調べておくことが必要です。中学卒業以上の人は誰でも受験できますが、クリーニング店で働いている人の受験が多いです。

合格率も都道府県によって異なりますが、どの地域でも60%〜80%くらいの場合が多いです。筆記試験は形式が違っても同じような内容が多いですが、実技試験は内容が違うものもあるので、自分が苦手としている課題がある地域を避けて受験するのもひとつの手です。

ランキングも確認する
出典:出版社HP

地域別に合格率が違う?

まず合格率を公表している地域としていない地域があります。

どこの都道府県も合格率は低くありません。公表されている都道府県の合格率と変わらないのであれば、非公表の都道府県の合格率も60%〜80%くらいだと考えられます。
2020年度の試験において合格率を公表している都道府県を一部集めたものが以下の表です。

合格率
東京都 74.9%
岡山県 71.6%
新潟県 62.2%
岩手県 57.9%

この中では岩手県の合格率が少し低いです。都道府県によって合格率が大きく異なっていると不安になると思います。
そのような場合、どの地域で取得しても全国で使用することができる資格なので東京や岡山など合格率の高い地域で受験することがおすすめです。

クリーニング師の合格率まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では、クリーニング師の合格率について紹介しました。

試験は普通レベルなので、60%〜80%という合格率は妥当と考えて良いでしょう。また、地域によって合格率が異なっているので、自分が受験するところの合格率を確認してみてください。

ランキングも確認する
出典:出版社HP